ピンウールウィン

ミャンマーにおける著名な避暑地として知られる、ピンウールウィン。歴史を遡ること英国植民地時代、イギリス人がマンダレーの暑さを嫌い、ここピンウールィンを避暑地として開拓したのがはじまりと言われています。マンダレーから70kmの位置にあり、標高1,100mあるため、今もミャンマーのひとびとをはじめ、多くのヨーロッパの富裕層を中心とした旅行客が、避暑地として利用するために多く訪れています。

街自体は、それほど規模が大きくないため、徒歩でまわることに適しています。ただ、ピンウールィン郊外に見どころが点在しているので、それら郊外の観光地を観てまわる際には、タクシーをチャーター、あるいは地元のツアーに参加することをおすすめします。

おすすめ観光情報

郊外に見どころが点在しているピンウールィンですが、街自体も非常に美しいため、数々の見どころにあふれています。英国植民地時代の建物が数多く点在していて、散歩がてら歩いてまわるだけで充分楽しむことが可能です。

【アニサガンの滝】

滝が多いことで知られるピンウールウィンの中でも、最大規模として知られているのが、アニサガンの滝。落差45mある滝で、実際の高さ以上に非常に迫力があることで美しい滝として有名です。また、滝壷では泳ぐこともできるため、遊泳目的でも訪れるひとが多いです。

ピンウールィンから約8kmの位置にあるため、マンダレー行きのピックアップに乗り、アニガサンで下車。そこから徒歩約20分で到着します。

【ペイチンミャァウン】

ピンウールィン郊外の鍾乳洞の中にある、洞窟寺院。奥行き600mもある洞窟内は、ミャンマー国内の著名な建造物のミニチュア、仏像など数多く存在しているので、ちょっとしたミャンマーミニチュア全土を楽しむことができます。

ピンウールィンから車で約20分の位置にあり、入場無料なこともうれしいポイント。

【国立カンドーヂー植物園】

紀元前548年に建立されたと伝えられている、ピンウールィン市内の顔としてもよく知られている、由緒正しき植物園。総面積が400エーカーもある広大な敷地を誇る園内には、池を取り囲むようにあらゆる植物が植えられていて、季節によっては多くの花を見ることができます。地元のひとびとの憩いの場としても楽しまれています。園内は、徒歩かバギーでまわることが可能です。

7時から18時まで開園、入場料1,000K。ピンウールィン市街のすぐ南に位置しているため、行き来も非常に便利です。

【国ランドマークス・ガーデン】

ミャンマーにおけるミニチュアテーマパーク。夢と笑いが渦巻く場所として有名です。ヤンゴンのシュエダゴン・パヤー、ゴールデンロック、マンダレー王宮、インレー湖など、ミャンマー国内における見どころが、すべてミニチュアサイズで造られています。

ミャンマー通の人であれば、爆笑すると言われているアトラクション揃いですが、普通に観光に訪れたひとであれば普通に楽しめます。一度は行ってみてください。入場料はUS$4

【ニャウンカウンジー・パヤー】

一見、普通のパヤーなのですが、立地が丘の上であるため、パヤーからピンウールィンの街を一望できる、展望自慢のパヤーとしてよく知られています。その眺めは絶景とのお墨付き。駅から北側に伸びる道を突き当りまで歩き、そこから階段で頂上に登るとニャウンカウンジー・パヤーです。

【モーヂョーピッ村】

ピンウールィン市街から、北東方向に10kmの位置にあるシャン族の村・モーヂョーピッ村。シャン族ののどかな暮らしを垣間見れることで、よく知られています。途中のゆったりとした風景も見どころとしてのおすすめポイント。ピンウールィンからレンタサイクルで訪れるのがベストです。

交通情報

マンダレーから訪れるひとが多いピンウールィンは、マンダレー市内各所からピックアップが数多く運行しています。所要時間は、約2時間。シェアタクシーも安くて快適です。

また、鉄道であれば、11便。所要時間は、約4時間。景観が非常に素晴らしいことで知られていて、途中でスイッチバックもあるため、時間に余裕があるひとは鉄道の利用も良いと思います。

ピンウールィン市内の移動に関しては、歩いてまわれる距離なので徒歩がおすすめですが、馬車が名物として普及されているので、馬車で市内をまわるのも楽しめて良いでしょう。市内にある駅前では、客待ちのための馬車が数多く並んでいるので、馬車をつかまえられなくて困った、ということはありません。

ホテル

避暑地として知られているため、ゆっくりと滞在できる綺麗なホテルがいくつか立ち並んでいることが、ピンウールィンの宿泊事情の特徴です。ティーボーのように電力事情が悪いということもないため、特別不自由することもなく安心して過ごすことができます。

ホテル ピンウールウィン、ロイヤル リワード リゾート、タイガー ホテル、ロイヤル パークビュー ホテル、ロイヤル フラワー ゲストハウス、ホテル アスター、ブラボー ストア アンド ホテル、ロイヤルグリーン ホテルなどがピンウールィン周辺観光におすすめのホテルです。

ピンウールウィン
ピンウールウィン
ミャンマーの日本語ガイド
ミャンマーの日本語ガイド