チャオピュー

ミャンマー西部にあるヤカイン州に位置する・チャオピュー。西ミャンマーのベンガル湾東岸に位置し、ランミー湾の南に面しています。ヤンゴンからは、北西に400Kmに位置し、ミャンマー最大の島・ヤンビェ島最北端にある街です。

チャオピューは、主にヤカイン族が暮らしています。ただし、昔から外国人居住者も多い街で、中国人やインド人もかなり見受けられる街としても知られています。街のひとびとはおおらかで明るく、非常に住みやすい街です。

チャオピューの街は、カルカッタとヤンゴンとの米の貿易で有名です。また、周辺を海に囲まれており、美しいたくさんの島があることから、景観の美しさが堪能できる風光明媚な街でもあります。海だけでなく山も有名で、ヤカイン山脈には650平方Kmものチークの森林があり、実に壮観です。この他、非常に数多くの死火山があることでも知られており、天然ガスが採掘されるため、チャオピューの重要産業になっています。

チャオピュー経済特別区計画が進んでおり、現在、ミャンマー港湾公社(MPA)がチャオピュー港湾を管理。タイおよびミャンマーの両政府共同で行っているダウェイ経済特別区と同じように、中国とミャンマーの両政府共同開発で、深海港、チャウピュー経済特別区の建設が予定されています。また、チャオピューから中国・雲南省昆明に向けた、石油・ガスパイプラインの敷設などの整備事業が急ピッチで進められているのです。

チャオピュー経済特別区が完成すると、インド洋と中国内陸部とを大きく結ぶ、物流の拠点となることが期待されています。開発は2009年から続けられており、ここにきて急ピッチで進んでいます。今後、ホテルなどのリゾート開発にも力が入れられる計画です。

■交通情報
チャオピューへの交通手段は、ヤンゴンからの空路がおすすめです。飛行機だと、所要時間約1時間。陸路もあるのですが、車で所要時間約30時間はかかります。

チャオピュー市内は、街の大きさとしてそれほど広くありません。徒歩で充分にまわれるため、歩いて観光することがおすすめです。

■ホテル
チャオピューには、宿泊ホテルがあまりありません。今後、大規模リゾート開発の建設ラッシュにより林立していく計画が立っていますが、現在のところまだめぼしいホテルは見られません。宿泊拠点は、近隣の都市にすることをおすすめします。

 

チャオピュー
チャオピュー
ミャンマーの日本語ガイド
ミャンマーの日本語ガイド