チャウンタービーチ

ミャンマー3大ビーチリゾートである『ガパリ』『チャウンター』『グエサウン』のひとつである、チャウンタービーチ。ミャンマーのビーチの中では気軽に訪れることができることから、海水浴客がミャンマー中から集まる定番のリゾート地です。自転車、バイクでのんびり周遊ができる他に、ボートや牛車を楽しむこともできます。また、シュノーケリングで海に潜り珊瑚を見ることができることもチャウンターのおすすめポイントです。位置は、ヤンゴンから約220Km、パテインから約40Km

おすすめ観光情報

【ビーチ】

ガパリ、グエサウンと同様にベンガル湾に面した綺麗なビーチが見どころ。ミャンマー最大のリゾート地であるガパリビーチ、真っ白な手つかずの白い砂浜を誇るグエサウンビーチに比べると、砂浜が少し茶色であることが特徴です。

周遊にも適した自転車、バイクなどが楽しめる他、ボートや牛車を楽しむことができるのも見どころのひとつ。また、ヤンゴンなどではなかなか味わうことができない新鮮な魚や海老などの魚介類をホテルまで売りに来るのが名物として知られていて、その場で注文して食べることができます。

【無人島】

沖合にあるのが、テビュー島。通称:ホワイトサンドアイランドと呼ばれている無人島です。綺麗な砂浜が自慢で、浜辺付近ではシュノーケリングで海に潜り珊瑚を楽しめることから、観光客にもミャンマーの地元民たちにも人気のスポット。チャウンタービーチからは渡し船が出ていて、約30分で行くことが可能です。もしくは、ボートを利用すれば、デビュー島を含めチャウンタービーチ周辺の島々を散策できます。

また、デビュー島の隣にはポーカラー島があります。島一周を約15分で歩ける小さな島です。こちらには島民もいます。

交通情報

ヤンゴンからはバスで約7時間、パテインからは約3時間(交通事情や天候によります)。バスで訪れる場合、帰りのバスまで手配してから出かけることをおすすめします。

ホテル

庶民的なビーチリゾートということもあり、高級ホテルはありません。海岸に沿って、綺麗なバンガロータイプのホテルが建ち並んでいます。ほぼすべてのホテルがビーチに面しているため、格安でリゾート気分を味わえることも特徴です。美しい景色を眺めながらの滞在ができます。

また、雨季(5月中旬~10月中旬)は多くのホテルがクローズするため注意が必要です。ただし、中には雨季であっても営業しているホテルもあるため、その場合かなりの格安で宿泊できる可能性が高いです。

ホテル ACE チャウンタービーチ、アライアンス リゾート ホテルなどがチャウンタービーチでの滞在におすすめのホテルです。

 

チャウンタービーチ
チャウンタービーチ
ミャンマーの日本語ガイド
ミャンマーの日本語ガイド