タチレイ

タイとミャンマーの国境の街として知られる、シャン州の都市・タチレイ。タイ・ミャンマー国境間にはサイ川が流れており、この近辺に位置しています。タイ・ラオス・ミャンマー3カ国の国境が交わる『黄金の三角地帯』からほど近いことでも有名です。

チャイントンと同様に、タチレイにもタイ(メーサイ)から一時入国が可能です。タイ・ミャンマー国境の周辺は、大きなマーケットがあることから連日賑わいをみせており、ミャンマーのみならずタイや中国の食品や日用雑貨、民芸品などであふれています。ビザなしで数日滞在ができるため、外国人観光客にも人気が高い街です。

タイから一時入国をする場合、タイでの入国手続きは、必ず国境の2km手前にあるイミグレーションで出国手続き(有料)をしてください。手続きを経て、国境ゲートを渡れるようになります。この手続きを忘れてしまうと、国境ゲートを越えることが許されないため、わざわざまた戻って手続きをしなくてはいけなくなってしまうので、必ず『出国手続きをしてから入国をする』と覚えておいてください。逆に、ミャンマーからタイへ戻る場合は、イミグレーションの手続きは無料になっています。

タイからミャンマーに入国したら、まずはミャンマーのイミグレーションにパスポートを預けます。タイに戻る際に、同じようにイミグレーションに立ち寄り、必ずパスポートを受け取ってからタイに戻ります。

ミャンマーへの1日入国の場合は、タイ・ミャンマー国境から2Kmの範囲までという法が制定されています。注意してください。

タチレイからは、その先のチャイントンにまで足を延ばすことが可能です。チャイントンに行く場合は、空路または乗合タクシー(所要時間約4~5時間)が便利です。

■交通情報
タチレイには、チャイントンから乗合タクシーで訪れるのが一番近いです。所要時間は、約4~5時間。天候が悪い場合、道路状況が悪化するため、もう少し時間がかかります。

この他、飛行機での移動となります。本数はそれほど多いわけではないこと、必ず運航するわけではないことに注意してください。また、タイから訪れている場合、ビザの関係上、チャイントン以外への移動は禁じられていることを覚えておいてください。

タチレイ市内は、街の大きさとしてそれほど広くありません。徒歩で充分にまわれるため、歩いて観光することがおすすめです。

■ホテル
マーケットが有名なタチレイは、ミャンマーのみならず、タイや中国、ラオスからも訪れるひとが多いことで知られている都市。外国人観光客にも人気の街のため、ヤンゴン、マンダレーなどの中心都市ほどではありませんが、小綺麗なホテルが点在しているので、宿泊滞在してみるのも良いでしょう。

Shwe Sin Hotel、ワン トーン ホテル メーサイ、チョア パレス ホテル、ピヤポーン パビリオン ホテル、アフター グロウ ホステル、アンポーン リゾート、バン コン カム、ジ エイト ゲスト ハウス、トップ ノース ホテル メーサイ、クンナム リムターン リゾート、Khanthongkham Hotel、ピヤペッチ プレイス、バン スアン リゾート、ピヤポーン ヒル パラダイス、ワンリヤ リゾート、マエサイラムレクウ リゾート、メコン デルタ ブティック ホテル、チョン ナン リゾート、プービュー リゾートなどがタチレイ周辺観光におすすめのホテルです。

タチレイ
タチレイ
ミャンマーの日本語ガイド
ミャンマーの日本語ガイド